税理士紹介

税理士紹介コンシェルジュHOME > 税理士を選ぶポイント[美容業]

業界別 税理士を選ぶポイント[美容業]

美容業に詳しい税理士を無料でご紹介しています。

どこまでが経費になりますか
美容室などを運営する為に購入した物(従業員の制服・物品購入費・備品購入費など)は、認められると思われますが、領収書をしっかり保存して、帳簿などにも記載しておきましょう。
事業にかかわり、使用用途がはっきりしている出費は、すべて経費として計上できるようです。
法人化したい
売上がある程度の規模になってくると、法人化する事で節税効果や信用力が望めます。
ただし、自分達で経理も行っている場合、経済的、事務的コストが増加し、負担も増えるため顧問税理士を付ける事を検討しましょう。
2店舗目を出店したい
1店舗目と違い、目の行き届かない部分も管理するという、課題が発生します。
資金繰りなどの事業計画の負担を少しでも軽くする為に、税理士に相談する事をお勧めします。
人事や労務など、まとめて相談
勤務態度不良の問題社員の処遇や、業務後に行っている、自主的だと思っていた練習時間を超過賃金分として未払い残業代請求されたなど、美容業も労務管理でのトラブルが増えてきました。
そのような労務トラブルの対応や、美容室の経営に特化した就業規則を作る事でほぼ回避できるようになります。
帳簿の付け方が分からない
クレジットカード決済などもありますが、大部分がお客様から現金で代金を頂く場合が多いのではないかと思われます。
税務署に指摘されないように、売上の計上漏れを気を付けながら収入や経費などを毎日帳簿に記載しましょう。
会計ソフトの使い方
会計ソフトに入力して自計化する事が出来れば、毎日売上などの数字が把握できます。 自力(独学)で会計ソフトを使っていると、どうしても時間がかかりますし、活用方法が広がらなくて非効率的になりがちで、外注した方が安いような気がするなど、専門家に相談できれば心強いでしょう。